富山県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングとWeb広告の違いとは?双方の特徴を理解しよう!

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/12/02


モノやサービスを宣伝し、広く認知してもらうためには宣伝広告が欠かせません。インターネットやテレビを見ていてもさまざまな広告が目に入るので、広告を見ない日はないといえるでしょう。そこで本記事では、よく比較される広告媒体であるポスティングとWeb広告の違いについて解説します。

Web広告の特徴

モノやサービスの認知を拡大したり、販売につなげたりするためには広告が欠かせません。しかし、一口に広告といってもCMや新聞広告、ポスティング、Web広告などさまざまな種類があります。広告の種類によって見てもらえるターゲットや費用、アプローチできるエリアが異なるため、何をアピールしたいのかによって最適な広告を選択しなければなりません。

また、スマートフォンの普及により急拡大したのがWeb広告です。インターネット上で何かを検索したり、動画を見たりしていると必ずといっていいほどさまざまな広告が入ってくるのではないでしょうか。

また、Web広告の特徴の一つは、インターネットを利用している人ならだれにでもアプローチできることです。検索ワードに連動させたり、ホームページやブログの広告枠に表示させたりする選択肢があるうえ、動画を流すことも可能です。さらに、表示した広告の数に対してどのような反響があったのか、広告を見て反応しているのはどの年齢層・性別なのかといった細かな分析ができることもWeb広告の強みでしょう。

また、反響がないと判断されれば、気軽に広告の内容を変更したり、キーワードを選び直したりすることもできます。ただし、Web広告は技術の変化が早いので、常にデータを分析したり情報収集をしたりして、時代のニーズをつかむ専門性が必要になります。

ポスティングの特徴

アナログ時代に定番であったポスティング広告とは、ポストに広告を投函する方法を指します。Web広告の市場規模が拡大しているものの、ポスティングも根強い人気があります。

まず、ポスティングは低コストで広告を出せることが魅力の一つです。手書きでチラシを描いてコピーをし、自分で投函すれば、コピー代しか費用がかかりません。また、チラシさえあれば投函したいと思ったその日に投函できるスピーディーさも魅力だといえるでしょう。

さらにポスティングの最大の特徴は、視認性が高いことです。Web広告の場合、興味がなければ読んでもらうことすらできませんが、郵便物をポストから取り出して不要かどうか判断するときに一度は目を通してもらえるのです。ただし、Web広告のように大規模な宣伝をすることはできず、配布エリアがある程度限られるのがデメリットです。また、何度も配布しているとクレームになることがあるので注意しましょう。

ポスティングとWeb広告の違い

ポスティングとWeb広告は同じ広告ですが、さまざまな違いがあります。

まず、リーチできるターゲットが違いの一つでしょう。Web広告の場合、広告枠さえ購入できれば、インターネット利用者に幅広く広告を表示できます。そのため、全国規模のサービスや商品の認知を拡大したいときに向いているといえます。一方、ポスティングは配布するエリアを限定できます。市町村単位で配布エリアを決められるので、地域密着型のサービスに適しています。たとえば、特定のエリアでカフェや美容院をオープンしたり、個人店の宣伝をしたりするのに向いています。

さらに、Web広告はクリックされるごとに料金が発生するのに対し、ポスティングは1枚あたりの単価と配布枚数で費用が決まるのも違いだといえます。このように、Web広告とポスティングにはさまざまな違いがあるので、比較したうえで最適な方法を選択することが大切です。

ポスティングとWeb広告の併用もおすすめ

広告の手段は何か一つに絞らなければならないという決まりはありません。そのため、予算に余裕があるならWeb広告とポスティングを併用するのもおすすめです。というのも、Web広告とポスティングはリーチできるターゲットが全く異なるからです。Web広告は検索履歴などから広告に興味がありそうな人に表示されるので、興味のない人には表示すらされないことがあります。

一方ポスティングは興味がある・ないにかかわらず、指定したエリアに配布可能です。もともと興味がなかったとしても、広告を持て興味を持ってもらえる可能性があるので、興味のない人にアピールできる広告にも意味があるといえます。つまり、双方の広告を併用することで、より幅広いターゲットにアプローチできるのです。

まとめ

Web広告とポスティングはそれぞれ全く異なる特徴があるので、特徴を押さえたうえで最適な広告手段を選択することが大切です。Web広告はインターネット利用者であればエリアを問わずアプローチできたり、広告の効果を分析しやすかったりするのが魅力です。一方、ポスティングは費用を抑えやすい、特定のエリアに限定してアプローチできるといった点が特徴といえます。また、これらの広告手段はアプローチできるターゲットが異なるので、併用するのもおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

2つの広告宣伝方法を紹介します。ポスティングとビラ配りは同じではありません。ポスティングもビラ配りも、自社の商品やサービスを知ってもらうための有効な手段です。大事なことは配布して終了ではない
続きを読む
モノやサービスを宣伝し、広く認知してもらうためには宣伝広告が欠かせません。インターネットやテレビを見ていてもさまざまな広告が目に入るので、広告を見ない日はないといえるでしょう。そこで本記事で
続きを読む
ポスティングチラシと新聞の折り込みチラシ、何気なく目にしていることが多いこれらのチラシにはどのような違いがあるかご存じでしょうか。ここではサービスや商品を広告する際に知っておくと役立つ、ポス
続きを読む
ポスティング業者コラム