富山県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングと新聞折り込みは何が違う?双方のメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/21


ポスティングチラシと新聞の折り込みチラシ、何気なく目にしていることが多いこれらのチラシにはどのような違いがあるかご存じでしょうか。ここではサービスや商品を広告する際に知っておくと役立つ、ポスティングと新聞折り込みの違い、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

新聞折り込みを活用するメリット・デメリット

新聞折り込みは、新聞の間にチラシを折り込んで新聞と一緒に配布するスタイルの広告です。新聞折り込みの強みは全国どこであっても配布が可能ということです。どの地域の新聞にチラシを入れるかを選ぶことができるので、スーパーや家電量販店などの折り込みチラシは顧客が居住するエリアに限定して折り込みを実施しています。

配布コストは新聞と一緒に配るため1枚あたり3円~4円程度とかなり安く設定されています。新聞折り込みの反響率は業種によって差はありますが概ね0.01%~1%といわれています。1万部のチラシを折り込んだ場合、1~100の反響が見込めるということになります。新聞折り込みはポスティングよりも安くチラシを配布できる点がメリットといえます。

また、新聞の休刊日以外であれば自由に折り込み日を設定できるうえ、広範囲に一斉に配布することが可能です。「新聞と一緒に届く」というのは実は新聞折り込みの一番の強みです。ポスティングチラシは無条件に「不要なもの」と判断して捨ててしまう人も多いですが、新聞折り込みであればすぐに捨てられることはなく、新聞と一緒に保管されて目を通してもらえる確率が上がります。新聞の購読者は高齢者の比率が高いため、高齢者向けのサービスや商品の広告であれば新聞が適しています。

逆に、新聞折り込みは新聞を購読している人にしか届けることができません。学生をはじめ独身の単身世帯などは新聞の購読率が低いため若年層がターゲットの場合、新聞折り込みは適していません。また、新聞折り込みは新聞に折り込める形状のチラシしか作成できません。表現が制限される点は新聞折り込みのデメリットといえます。

ポスティングを活用するメリット・デメリット

ポスティングのメリットは、新聞折り込みと違い新聞を読んでいない世帯にも配布できることです。また、さまざまな形状の広告物を配布できます。冊子スタイルや、ティッシュ、マグネットといった販促品と一体になったスタイルなどにすることで、より手に取ってもらったり、長期間保管してもらえたりする確率をあげることもできます。任意のマンションやアパートを指定することもできるうえ、配布エリアも字丁ごとに細かく指定できます。

ポスティングのデメリットは新聞折り込みと比べてコストが割高になることです。また、新聞とは違い配布員が一度に配布できる量が限られているため、配布部数にもよりますがチラシをすべて配布するまでに1週間~2週間程度かかる必要があります。悪天候などに影響を受けて配布が遅延することもあります。

また、人口の少ないエリアはポスティングの配布効率が悪いため対応している業者が少ない、いないといったこともあります。また、新聞広告と比較すると広告の内容を見ずに捨てられてしまう確率も高くなります。ポスティングの反響率はおよそ0.3%前後といわれています。業種にもよりますが、1万部を配布した場合30前後の反響が見込めるということになります。

ポスティングと新聞折り込みどちらを活用するのがおすすめ?

チラシの配布にポスティングと新聞折り込みどちらが適しているかは、どのエリアに届けたいのか、ターゲットの年齢層などで判断します。先述の通り若年層はほとんど新聞を購読していません。新聞を購読している人の割合は50~60代は4割~5割である一方、20代では1割以下というデータもあります。そのため若者向けのサービスや飲食店であればポスティングのほうが適しています。新聞折り込みは広範囲に指定した日にチラシを届けることができます。「明日イベントを開催します」というチラシを大量に配布したい、という場合はポスティングでは対応できないため新聞折り込みを使ったほうがいいでしょう。

ポスティングは広告物の形状を選ばないので、水道修理や便利屋などマグネットにして捨てずに冷蔵庫などに貼っておいてほしい広告物はポスティングが適しています。もちろん特殊な形状や販促物スタイルの配布物は制作自体にコストがかかります。予算と効果の見立てをたて、方向性を判断してください。新規開店の飲食店も、徒歩圏内の全戸にチラシを配布できるポスティングがおすすめです。クーポンつきのチラシを作成することで反響率をより高めることができます。

まとめ

ポスティングと新聞折り込みはどちらも強みと弱みがあります。大切なことは広告したいサービスや商品にあった手法を選択することです。中高年向けのサービス、広範囲に一斉に配布したい、配布日時を指定したい場合などは新聞折り込み、若者向けで店舗周辺に配布したい場合はポスティングと、用途にわけて使い分けてください。こちらで紹介した内容を、効果的な広告活動につなげてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ポスティングチラシと新聞の折り込みチラシ、何気なく目にしていることが多いこれらのチラシにはどのような違いがあるかご存じでしょうか。ここではサービスや商品を広告する際に知っておくと役立つ、ポス
続きを読む
ポスティングはアナログな広告手法ですが一定の効果があるため今でも活用されています。高額商品や高所得者層向けのサービスであれば、戸数が多く高所得者が多く居住するタワーマンションにポスティングを
続きを読む
集客のため、宣伝のために有効な方法のひとつとしてポスティングがあります。ポスティングは自社で配布するという方法もありますが、時間がかかってしまうため、専門業者に依頼したほうがスムーズです。で
続きを読む