富山県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

少しの工夫で安価に!ポスティング費用を抑えるテクニックとは?

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/10/11

「ポスティングは、新聞折り込み広告などに比べると費用が高い」と考えていませんか?確かに基本料金は、新聞折り込み広告に比べると高めに設定されているところが多いようです。しかし、実は少し工夫をするだけで、価格をおさえられます。本記事ではポスティングを検討している人に向けて、ポスティング費用を抑えるテクニックを紹介します。

ポスティングの料金が決まる要素とは?

ポスティングの料金は、大きく分けて3つの部分で決められます。ひとつ目は配布物のサイズです。簡単にいってしまうと、サイズが大きいチラシの場合は値段が高く、小さいチラシは安くなります。大きいサイズのチラシの場合はポストに入れるために折りたたむ必要が発生するため、折りたたむ手間の分費用が高くなるようです。また、B4サイズを超えると費用が高くなる傾向にあるため気をつけましょう。

次は配布先です。配布先の人口密度やマンションの有無によって、依頼費用は異なります。こちらは人口密度が高く、数多くの家に配布できるような環境であるほど費用は安くなることが多いでしょう。これは配布にかかる手間が減らせることが理由で、マンションも同じ理由で安くなります。配布先にマンションが密集しているような地域では、1度に大量のポスティングを行えることもあり、費用は抑えられる傾向にあるのです。

そして配布方法をどうするか決めましょう。配布方法は会社によっても異なりますが、大きく分けてローラー配布とセグメント配布2種類にわかれます。ローラー配布は指定エリア内であればどこでもポスティングするという配布方法で、戸建てからマンション、事業所、店舗などさまざまなポストにチラシを投函しているようです。

反対にセグメント配布は、マンション限定、戸建て限定というように、配布先を限定して配布する方法といえます。こちらはターゲットを絞ってピンポイントで配布する分、集客効果や広告効果を見込めるでしょう。しかし配布先を選ぶ手間がある分、依頼料も高くなります。

依頼料金を決める要因は3つにわかれているので、費用を抑えるためにはチェックしてください。見積もり時にこれらを聞かれることも多いため、事前にある程度考えると話がスムーズでしょう。

ポスティングの料金相場を確認しよう!

ポスティングの料金は会社によっても異なるため、相場を知っておくと依頼時に比較しやすくなります。料金相場は依頼料金を決める3つの要因によっても異なるので、それぞれチェックしてみましょう。

こちらの例は、1万枚のチラシを配る場合を想定して金額を記載します。まずサイズですが、配布物のサイズがA4サイズの場合は2万円前後、B4以上の大きいサイズの場合は3万円前後が相場です。折り畳みが必要かどうかによって、金額は大きく代わります。折り畳みが不要で持ち運びもしやすい、小さめサイズの商品のポスティングの方が、値段は安い傾向にあるでしょう。

次に配布先ですが、こちらは都内よりも地方の方が費用は高くなる傾向にあります。都内の場合は1枚辺りにつき4円前後なのに対し、東京以外の地域は6円前後のポスティング料が相場です。1万枚に換算すると実に2万円以上の金額差が生まれます。これは都内の方は人口密度が高く、配布先が多いことが一番の理由です。しかし、都内でも人口密度が低いエリアに依頼する場合はこの限りではありません。

そして配布方法による違いですが、ローラー配布の場合は上記記載の金額が相場で、セグメント配布の場合は上記の金額から1.5~2倍前後の価格帯が相場になります。全体の基本料金に1.52倍をかけた金額が、セグメント配布の相場と考えておきましょう。

ポスティング費用を抑えるテクニック!

ポスティング費用はこのように、サイズや方法、配布先によっても異なります。ポスティング料金を安くするためにはいくつかのテクニックがありますので、依頼前にこうした方法を使えるかどうか確認するのがおすすめです。

まず併配のシステムを利用する方法があげられます。こちらは依頼主のチラシだけを配布するのではなく、他の会社のチラシと一緒に配布する方法です。この方法を利用できる会社であれば、併配を使った方がコストを下げられる場合があります。また配布エリアを緩める、配布方法をローラーにするなど、配布に関する制限を緩めることで、コストを下げられるでしょう。

他にも、キャンペーンや割引を行っている会社を利用する方法です。こちらは期間限定、もしくは初めての人限定で行っている場合が多いですが、割引を利用することで、通常の相場価格よりも安くポスティングを依頼できることもあるでしょう。ポスティング会社のサイトを見てみると、割引プランを用意している会社も多く、特典を使うことでよりお得にポスティングを依頼できます。

 

ポスティングは値段設定が高いと感じるかもしれませんが、その効果を考えると決して費用がかかりすぎということはありません。つい値段で選んでしまう気持ちはわかりますが、値段を優先するあまり広告効果が半減することがないように、値段以外の部分も比較してポスティング会社を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ポスティングチラシと新聞の折り込みチラシ、何気なく目にしていることが多いこれらのチラシにはどのような違いがあるかご存じでしょうか。ここではサービスや商品を広告する際に知っておくと役立つ、ポス
続きを読む
ポスティングはアナログな広告手法ですが一定の効果があるため今でも活用されています。高額商品や高所得者層向けのサービスであれば、戸数が多く高所得者が多く居住するタワーマンションにポスティングを
続きを読む
集客のため、宣伝のために有効な方法のひとつとしてポスティングがあります。ポスティングは自社で配布するという方法もありますが、時間がかかってしまうため、専門業者に依頼したほうがスムーズです。で
続きを読む