富山県で評判のポスティング業者を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ポスティングを自力で行うメリット・デメリットとは?手順も確認!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/10/11


ポスティングは小規模であれば自力で行うことが可能です。しかし自力でのポスティングに不安を感じる人もいるでしょう。そこでこの記事では、ポスティングを自力で行うメリットやデメリット、手順や注意点をご紹介します。業者に依頼するメリットも掲載していますから、この記事を参考にご自身に合ったポスティング方法を見つけてください。

ポスティングを自力で行うメリット・デメリット

ポスティングを自力で行う場合のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

■ポスティングを自力で行うメリット

ポスティングを自力で行う1番のメリットは、コストを安く抑えられる点です。ポスティングを業者に依頼すれば当然費用が発生しますから、予算が少ない人には最適といえます。また、ポスティングを行う物件を自分で選択できるのもメリットです。業者に依頼をすると、融通がきかなかったり物件の指定に別途料金が発生したりするケースもあります。ポスティングを自力で行うことで、チラシを配布したい物件に自らの手でポスティングができるのです。

ポスティングの途中で地域住民とコミュニケーションがとれる点もメリットといえるでしょう。ポスティングの途中で住人と顔を合わせ、チラシを手渡しできるケースもあります。規模の小さい商店を営んでいる人などは、地域住民とのちょっとした会話から集客につながる場合もありますから、住民とのコミュニケーションはとても大切です。「チラシを見てきました」と来店してくれるかもしれません。ポスティングのモチベーションはさらに上がるでしょう。

■ポスティングを自力で行うデメリット

ポスティングを自力で行う場合、自分の時間と体力を消耗します。地理に詳しくないエリアにチラシを配布する場合は多くの労力を費やしますし、配る範囲やチラシの枚数によっては時間が足りないケースも出るのです。ポスティングをしているとクレームが入ってしまうこともあります。ポスティングを自力で行うと、クレームも自ら対応しなければいけません。そのため時間が取られ、精神的な負担もかかるのです。

自分でポスティングを行う際の流れとは?

自分でポスティングを行う際の流れは「ポスティングの目的やターゲット層、エリアを決める→チラシを制作する→地図を作成する→配布の日時や曜日を決める→ポスティングの実施→効果を測定」となります。

■ポスティングの目的やターゲット層、エリアを決める

ポスティングの目的は業種により変わります。「新規オープンしたお店の集客を伸ばしたい」「商品の売り上げを上げたい」「学習塾の生徒を増やしたい」などさまざまです。このようにポスティングの目的やターゲット層により、チラシの内容や配布エリアは異なります。ポスティングに重要なのは、目的を明確にした上でのターゲット層選定やエリア決めなのです。

■チラシを制作

チラシは目的やターゲット層に合わせて制作しましょう。サイズはポストからはみ出ない大きさで、情報が一目でわかる見やすいデザインが理想です。売り込みたいからといって、文字ばかりを詰め込んだチラシではいけません。写真やイラストも駆使し、伝えたい内容がわかりやすいチラシにしましょう。

■地図の作成

ポスティングを自力で行うのであれば、事前に地図の作成が必要です。住宅地図やwebから印刷した地図などに、ポスティングの順序を記載しておきましょう。重複して投函したり入れ忘れたりしないよう、ルート選びは重要となります。入念に地図を確認し、効率的にポスティングが行える順序を考えください。

■配布する曜日を決める

ポスティングの反響は曜日によっても大きく異なります。チラシを目にしてもらいやすい曜日での実施が重要です。ポスティングされやすい曜日は業種ごとに変わります。例えば不動産業は土曜日と金曜日に集中していたり、教育系の業種は月曜日から水曜日までの3日間で6割程度が配布されていたりします。ご自身の業種がどの曜日にポスティングされているのかを知り対策を立てることで、チラシが目にとまりやすくなり反響につながるのです。

■ポスティングの実施

実際のポスティングは動きやすい服装で行いましょう。住人に会っても問題のないよう、清潔感にも気を配ってください。住宅によっては「チラシお断り」の張り紙がされているケースがありますから、見落とさないためにペンライトなど周囲を照らすものを持っておくとよいでしょう。

チラシを投函する際は、見て欲しい面を上にし、ポストの奥までしっかりと入れてください。せっかくポスティングしたチラシが落ちてしまっては意味がありませんから、折り曲げるなど工夫をしながらポストに入れて行きましょう。

■効果を測定する

ポスティングは複数回行うことで反響に繋がります。ポスティング終了後は、チラシの効果測定も大切です。配布した曜日や時間帯、枚数、チラシの内容、配布エリアなど、どのような条件下でどれほどの反響があったかを振り返りましょう。その上で、配布する曜日やチラシのデザイン、エリアなどを少しずつ変えながら反響の高いポスティングを目指すのです。

効果的にポスティングを行うには業者に依頼するのがおすすめ!

自力でのポスティングは時間も労力もかかります。そのため、費用がかかっても業者にポスティングを依頼したいと考える人もいるでしょう。こちらでは、業者にポスティングを依頼する場合、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

■大規模なポスティングにも対応可能

チラシの枚数が多かったり配布したいエリアが広かったりと、ポスティングの規模が大きい場合は業者にお任せをしましょう。ポスティングを業者に依頼すれば、時間や労力の削減につながります。

■データから配布エリアの分析が可能

ポスティング業者にはポスティングのデータが豊富にそろっています。エリアやターゲット層など、データをもとに分析しアドバイスをもらうことが可能です。自力でのポスティングで反響が得られず困っている人は、業者に依頼するのもおすすめです。

■クレーム対応も任せられる

チラシ配布の際、クレームに発展するケースもあります。チラシ禁止の物件に誤ってポスティングをしてしまったり、不法侵入を疑われてトラブルに発展したりするケースもあるのです。業者であればそんなトラブルが起こりにくい上、万が一クレームが入ってしまった場合でも対応を任せられるため安心できます。

 

ポスティングを自力で行う際の1番のメリットは、コストが安く済む点です。地域に根付いたお店などであれば、住民とのコミュニケーションにもつながるでしょう。しかしチラシの配布範囲が広かったりクレームが入ってしまったりすれば、あなたの貴重な時間は奪われてしまいます。ぜひこの記事を参考に、自力でポスティングを行うか、それとも業者に依頼をするか検討してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

集客のため、宣伝のために有効な方法のひとつとしてポスティングがあります。ポスティングは自社で配布するという方法もありますが、時間がかかってしまうため、専門業者に依頼したほうがスムーズです。で
続きを読む
住宅のポストにチラシを配布するポスティングは、新聞の折り込みチラシと違いクレームが起こりやすいといわれています。お店の宣伝にはとても便利な方法ですが、クレームが出てしまっては困ります。ポステ
続きを読む
販促の方法として、さまざまな業種が実施しているポスティングやDMの送付。どちらもポストに投函されていますが、その違いはご存じでしょうか。実はポスティングとDMでは、目的が異なります。そこでこ
続きを読む